ようこそ、ウータン・森と生活を考える会のホームページへ!

 

ウータン・森と生活を考える会では、インドネシア ボルネオ島を主とする豊かな森とそこに暮らす野生生物、そして人々の暮らしを守るための様々な活動を行っています。

 

 

<NEWS>

 

エコツアーの季節が近づいてきました!今年も以下のとおり行いますので、ご興味のある方は是非、ご参加ください!

 

■□■感動!!ボルネオエコツアー~豊かな森の再生をめざして~■□■

 

赤道直下、オランウータンも棲む豊かな熱帯林に覆われた野生生物の宝庫、ボルネオ島。

近年、商業伐採やポテトチップスなどにも使われるパーム油の原料アブラヤシの大規模なプランテーション開発によって、森がどんどん減っています。

このツアーでは、ボルネオの森の現状を見学し、進みゆくプランテーション開発の状況と問題点について学びます。

また、インドネシアのNGO、FNPFとともに失われた森の再生を目指して植林活動を行うとともに、現地の人々と心温まる交流も行う予定ですので、貴重な思い出作りにもなるこのツアーに是非ご参加ください。

 

詳細はこちらから

 

http://www.myticket.jp/hutan201408.html

https://www.facebook.com/myticket39

 

【行き先】インドネシア・中央カリマンタン(ボルネオ島)・タンジュンプティン国立公園近郊、及びジャワ島のマングローブ保全地域

【期 間】2014年8月16日(土)~23日(土)

【代 金】180,000円 (*関西空港発着。他空港発着についてはお問い合せください。)

(別途、関空使用料3,040円、燃油・航空保険料約26,000円が必要です。詳しくは、 http://www.myticket.jp/hutan201408.html をご参照ください。)

 

【呼びかけ】ウータン・森と生活を考える会

【お申込み】株式会社マイチケット

 

○ツアーの主な内容(予定)

・原生の種による苗作り、植林体験

・オランウータンの棲む森を歩く、オランウータンのリハビリテーションセンター訪問

・タンジュンハラパン村の子どもたちと環境教育

・村でのホームステイ

・アブラヤシプランテーション訪問

・アグロフォレストリー見学

・マングローブでの植林体験

 

 

*ご興味、ご質問等ある方は、ウータン・森と生活を考える会 石崎( issy@pure.ocn.ne.jp )までお気軽にご連絡ください。

 

<NEWS

 

ボルネオ島のタンジュンプティン国立公園地域について、ウータンがアブラヤシプランテーション開発の阻止に取り組んだ内容をまとめました。

 

是非一度ご覧下さい!

 

インドネシアのタンジュン・プティン国立公園を守ろう!.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [6.8 MB]
ダウンロード

プランテーション開発に反対する署名を集めています。

開発を計画している企業であるPt.BGA社と行政区長(BUPATI)宛に開発の見直しを求める署名を集めております。
下記の『オランウータンや森を守るための署名』に名前をご記入し、ウータンの事務局までご郵送お願いします。(大変申し訳ありませんが、切手代はご負担ください。)(*郵送が難しい場合は、ご記入いただきスキャンしたものを添付し、メールいただいてもかまいません。メールは issy@pure.ocn.ne.jp ( 石崎 ) まで

ーーーーーーーーーーー切り取りーーーーーーーーーーーーーーー

Dear Sir Mr. Lim Gunawan Hariyanto,the Board Director & Executive Chairman of Pt.BGA

Please stop your development of palm oil plantation in order to save forests in Tanjung Puting National Park, Indonesia, where Orangutan, Gibbon(Endangered Species)and many animals live. Moreover vast CO2 is contained in its precious peat land. You will cause the global destruction of ecosystem by the deforestation. 

  Name:     Name: 

Pt.BGA社 Lim Hariyanto会長・最高責任者 御中
 インドネシア・タンジュン・プティン国立公園の森を守るために、貴社が計画するアブラヤシ開発を早急に停止してください。その森には、オランウータンやギボン(絶滅危惧種)等の多くの動物たちが生息し、泥炭湿地には莫大な二酸化炭素が含まれています。この森の破壊は地球規模の生態系破壊を引き起こします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【送付先】
〒530-0015
大阪市北区中崎西1-6-36-308
ウータン・森と生活を考える会 

Tel)06-6372-1561

オンライン署名を集めています!

「Could you please your cooperation to signature and share your friends!」

 

『ボルネオ島のオランウータンが棲む森を守るためのプランテーション開発に反対する署名』について、以前この地をエコツアーで訪れたアメリカ・オレゴン州の女性が、同じようにオンライン上の署名サイトを作って呼びかけてくれています。

 

世界中の自然を愛する人たちが美しい森をを何とか守りたいと自発的に立ち上がっています。すでに多くの方々が署名していますので、後ほんの少し、日本からの後押しがあれば署名が出来上がります。

ぜひ、署名にご協力いただくとともに、関心のありそうな知人の方にお伝えいただけると大変ありがたいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ウータン・森と生活を考える会 
石崎雄一郎

 

http://www.change.org/petitions/

 

 

TOPICS

 

・第1回ボルネオエコツアー開催報告

 

・講演会

 

インドネシアの違法伐採は減少したが…

 

インドネシアの違法伐採は減少したが….pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [877.5 KB]
ダウンロード

オランウータン等絶滅危惧種の保全を!

オランウータン等絶滅危惧種の保全を!.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [1.6 MB]
ダウンロード

COLUMN

 

・コラム

 

 

<支援金のお願い 

 

現在、ウータン・森と生活を考える会では、活動の継続にあたり支援金の募集を行っています。
お寄せいただきました支援金は、ボルネオ島での苗木づくりや環境保全活動に使わせていただきますので、是非、みなさまのご協力をお願いいたします。


お寄せいただきます支援金は、郵便局備え付けの「払込取扱票」による郵便振替でお願いいたします。

 

【口座番号】00930-4-3880

【加入者名】ウータン・森と生活を考える会

 

(※1) 通信欄に「支援金」とご記入ください。
(※2) 領収証ご希望の方は、通信欄にその旨ご記入ください。

 

大阪市北区中崎西1-6-36-308 ウータン・森と生活を考える会 事務局長 石崎雄一郎